インプラント

インプラントとは、歯のない部分の骨の中に人工の根っこ(主にチタン製の金属)を埋める歯科手術をし、まるで歯が復活したかのように噛めるようになる方法です。保険が効かないので高額ですが、気にせず自由に噛める喜びは何ものにも代え難いですよね。
通常、1回目の歯科手術から3~6ヶ月程度で最終的に噛める歯の取り付けとなります。
(個人差があります)
なお、骨や歯ぐきの状態によってはできない事があり、事前の歯科検査が必要です。

  歯が1本抜けた場合 歯が数本抜けた場合 歯が全部抜けた場合
従来の歯科治療
 欠点
周りの歯を削ってブリッジにしますので、健康な歯を削らなくてはなりません。
 欠点
入れ歯を固定するための針金が、見た目にも機能的にも不快です。
 
入れ歯がずれたり、食べ物が内側に入ったりして、痛いことがあります。
インプラント歯科治療
良い点
健康な歯を全く削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます。
 良い点
針金付きの入れ歯ではなく、歯のない部分に適切な数のインプラントを入れるので、取り外す必要がありません。
 良い点
数本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置にマグネット(磁石)を取り付けますので、入れ歯が安定します。
小児歯科一般歯科インプラント審美歯科予防歯科治療例リンクサイトマップ
長崎市の歯医者【末永歯科医院】 〒852-8003 長崎市曙町3番8号  TEL095-861-2802