審美歯科

ホワイトニング
歯の型に合わせて作成したトレーの内側に薬剤を塗り、1日1回2時間ほど装着して、歯の色自体を白くしていく方法です。広範囲の歯の色調を変えるのに適しています。

【歯科手術前】(色見本参考に)
↓
  【歯科手術後】

↑

1. トレーを作成
→
2. 薬剤を塗る
→
3. 装着

生活習慣(喫煙、コーヒー、紅茶などの嗜好)などにより色調が後戻りする場合もあります。
 (保険は効きません)
※歯の状態により適応、非適応がありますので詳しくはご相談下さい。

 
ラミネートベニヤ
歯の条件によっては歯を削る割合が一番少ない方法です。エナメル質の表側だけ0.8~1ミリ程度削り、削った部分のみセラミックスの歯を貼り付けるものです。材質はセラミックスなので変色がなく光沢があります。金属を使わないため、仕上りが自然で歯ぐきの変色もありません。ただし、保険は効きません。
 噛み合わせによっては剥がれることがありますが、壊れていなければそのまま付け直す事ができます。

 
メタルボンドとセラミックス
保険外で、歯科保険診療の歯のように材質に決まりがありませんので、見た目よく作ることができます。
内面に金属を使い強度を保ち、外面全体にセラミックスを焼き付けて作ります。色調が自在にでき、周囲の歯に合わせて自然な感じを出すことができます。

→

 
失活歯の漂白
神経を取った歯に使う方法で、歯の裏側から穴をあけて薬剤で内面から漂白していきます。 薬を交換しながら、色調の変化を見ていきます。(回数には個人差があります)

→
小児歯科一般歯科インプラント審美歯科予防歯科治療例リンクサイトマップ
長崎市の歯医者【末永歯科医院】 〒852-8003 長崎市曙町3番8号  TEL095-861-2802